冬の内町を歩いてみました

今日はカミさんは秋田市での用事があり、私が子供達の幼稚園へのお迎えでした。

 

午後から仕事をお休みをもらったのですが、お迎えの時間まで余裕があるな…


ということで、湯沢市の内町をブラブラしてきました。

ここは、昔の武家屋敷の面影が残る町並みなのですが、この季節は歩いたことがなかったのです。

↓「湯沢まちなか歴史資源マップ」より


雪の白さと黒板塀とのコントラストが綺麗だろうな〜と荒れ模様の天気にもめげず歩いてきました。

歴史資源マップにも載っている「山内家の薬医門」

薬医門とは…

薬医門 (やくいもん) – 鏡柱から控え柱までを取り込む屋根を持つ。本来は公家武家屋敷の正門などに用いられたが、扉をなくして医家の門として用いられたのでこの名前がある。

Wikipediaより

だそうです。

写真を見ると、黒板塀が続いているように見えますが、実際には残っているのは一部分のみです。

ガイドの方の説明があればもっと楽しく歩けそうです。

春になったらガイドをお願いしてみようかな…

などと考えていたら、幼稚園のお迎え時間に遅刻してしまいました。先生ゴメンなさいf^_^;)

いいね!またはコメントはFacebookページにお願いします。@kyotapyな日々Facebookページ

DATA:

秋田県湯沢市 [ 湯沢まちなか歴史資源マップ ]
湯沢まちなか歴史資源マップ