芳醇な醤油の香りとこってりスープがクセになる〜そうまのこってりラーメン

朝は霜が降りて冷えた秋田県湯沢市です。

今日のランチは、横手市寿町にある「そうま」へ。

横手市民に愛されるソウルフード「こってりラーメン」が有名なお店です。

場所は横手駅から程なく。

店内はカウンターが5席。奥の小上がりは、二人用テーブルが3つ 四人用テーブルが人が1つ。12過ぎの入店でしたが、お客さんは奥の小上がりにいるだけで、運良くすんなりカウンターに座れました。

久しぶりの訪問なので、スタンダードに「こってりラーメン大盛り(500円+100円)」をオーダー。

メニューにある味噌ラーメンや牛タンも気になります。11時から23時までの通し営業というところも嬉しい限り。

店内の壁には、高橋優さんが直接壁に書いたサインがありました。日付の違うサインが複数あるので、横手市出身の高橋優さんも、この「そうま」がお気に入りのようです。

そうして5分もしないうちに「こってりラーメン」が到着。表面にしっかりと脂が浮いていてコッテリ感が見た目でも分かります。

麺を持ち上げると湯気とともに、醤油のいい香りと豚骨の動物系の匂いが混ざり合った、何とも言えない芳香が感じられます。

麺は細めながらコシがあり、こってり濃厚なスープをしっかり持ち上げてくれてます。スープに浮いてる小さい角切りの油揚げもそうまのラーメンの特徴です。

「そうそう!これこれ!」と夢中で麺をすすり、残りはスープのみ。スープには酢をかけるとアッサリといただけます。

スープは完飲できませんでしたが、十分楽しみました。

この独特な風味はクセになるラーメン。横手市民に愛される理由が分かります。次回は味噌も挑戦してみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)