BIGLOBEコラボ光でIPv6接続したら快適になりました

今更ながら光回線を引いてみました。昔は、フレッツ光とプロバイダとで2つの契約が必要でした。今は「コラボ光」といって、NTTからプロバイダに光回線を卸売りするシステムにより、光回線を安く利用できるということが分かり導入してみました。「コラボ光」…携帯でいうMVNOのイメージでしょうか。でもMVNOと違い制限などはなく、フレッツ光と同じように利用できます。

Wi-FiルーターはIO-DATAのWN-AX1167GR

今までWi-FiルーターはBUFFALOしか使ったことがなかったのですが、IO-DATAのWN-AX1167GRにしました。Amazonで5000円程度で購入でき性能も申し分ありません。

IPv6で接続

このルーターを購入した理由は、BIGLOBEの「IPv6オプション」での動作確認済みの機種だったから。IPv6オプションを使用すると、通常とは別のネットワークを経由するので、特に平日の夜など混み合う時間帯でも快適に利用できるというもの。詳しくは「踊るびあほりっく」さんのこちらのエントリを参照してください。

速度テストしてみました

平日の夜にSpeedtestというアプリを使って速度テストをしてみました。

結果は以下のとおり。

IPv4では、下りで12〜16Mbpsだったのに対し、IPv6設定後は、44〜104Mbpsと明らかに速度が改善しています。

BIGLOBE+ WN-AX1167GRでのIPv6の設定方法

BIGLOBE(プロバイダ)側の設定は特にありませんでした。光回線が開通した日にBIGLOBEから「IPv6オプション」の契約完了メールが届きました。

WN-AX1167GR(Wi-Fiルーター)側では、設定画面の”インターネット”の項目で、”v6プラス”を選択し設定するだけ。ルーターが再起動し、IPv6化が完了です。

試しにBIGLOBEの案内ページに接続してみると右上に”connected via IPv6″と表示され、IPv6で接続されていることが分かります。

IPv6にするならプロバイダとWi-Fiルーター選びを慎重に

以前、光回線を使っていたことがあるので、工事は不要でした。光回線をやめて以来、モバイルWi-Fiルーターしか使ってきていなかったので、光回線の速度に感動です。そして、IPv6化もあっけなく完了し、さらに快適になりました。IPv6はプロバイダによって対応するWi-Fiルーターが違うので、導入される際はよく下調べをした方がいいと思います。私が参考にさせてもらったのは、以下の2つのサイト。

月々4000円程度で、高速回線を引けるなんていい時代になりました(遠い目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です