ダイソー「シリコン折りたためるじょうご」をHydro Flask用のコーヒードリッパー として使い始めました

私が毎日持ち歩いているタンブラーHydorFlask。

朝はコンビニでコーヒーを補充してくるのですが、補充したコーヒーが無くなると粉コーヒーでコーヒーを補充していました。そこで、タンブラーで使えるコーヒードリッパーを探しているとダイソーでこんなものを発見。

「シリコン折りたためるじょうご」です。普段はこのように折り畳んでおけます。

使うときは、真ん中の出っ張った部分を引き、びよ〜んと伸ばします。本来はその名の通り調味料などを詰め替える時に使用するものですが、コーヒードリッパー として使っています。

HydroFlaskに乗せたところ。“じょうご”なので当然ちゃんとはまります。

ドリップペーパーをセットしてコーヒーをドリップしてみました。ペーパーはダイソーの2〜4人用のものです。

お湯を注ぐとちゃんとコーヒーが落ちていってくれます。折りたたむために付いているヒダヒダがペーパーとの隙間を保ってくれています。この隙間がないと空気が抜けないので、コーヒーがうまくが落ちていってくれません。

シリコン素材で耐熱温度は230℃、表面がツルツルしているので汚れが付きにくくコーヒードリッパー として使用するには十分でした。

持ち歩くときはジッパーバックに入れて持ち歩くことにしました。キャンプなどアウトドアでも使えると思います。

ただし、タンブラーのように口が狭く、背が高いと大丈夫なのですが、コーヒーカップに注ぐ場合は、口の広い浅いカップだとじょうご自体がカップの底に付いてしまいます。

ちゃんとした、持ち運ぶことができるコーヒードリッパー はAmazonで以下のようなものがありますのでチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です