湯沢の大地の恵が詰まったジオパーク弁当

連日の雪にウンザリしている秋田県湯沢市です。もうちょっとやそっとの雪では驚かなくなりました。

さて、今日は職場の有志でランチはお弁当を注文しました。

注文したのはジオパークにちなんだお弁当「ジオパーク弁当(税込864円)」です。

製造しているのは地元湯沢市の「やまりん商店」さん。

ジオパークとは、大地の活動の歴史やその恵みを教育や観光などに活用していくことで、地域の振興につなげていく認定制度です。湯沢市では2012年から「ゆざわジオパーク」として日本ジオパークに認定されています。

湯沢市の名所でもあるジオサイトなどが描かれた可愛い紙をはがし、お弁当がお目見え。9つに区切られたコマにジオパークにちなんだメニューが並んでいます。

久しぶりにいただく“イナゴ”。こちらでは「ハッタギ」と呼んだりします。

ひとつひとつのメニューについて、詳しい解説がされています。お料理も手が込んでいて、地元の野菜や食材がふんだんに使用されていました。

包み紙の裏にはジオパークのマップが掲載されていました。

マップが手書きなのがいい味を出しています。お弁当を食べながら見入ってしましました。

春になったらジオパーク弁当片手に、ピクニック気分でジオサイトを巡って見たくなるお弁当でした。

季節に応じてメニューは変わると思いますが、予算に応じて年中、注文できるようなので、職場やお仲間などで楽しんでみてはいかがでしょうか。味、ボリュームとも満足できるお弁当です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)