石孫本店3年熟成黒味噌を使った麺屋史の味噌ラーメン

朝は暖房が欠かせなくなった秋田県湯沢市です。標高の高いところでは雪も降り、冬の足音が近づいてきました。

さて今日のランチは、麺屋 史へ。場所はこちらです。

訪問の目的は、味噌ラーメン。10月27日に放送された「満点☆青空レストラン」で紹介された石孫本店の熟成黒味噌を使っています。

放送の中でも、乾杯メニューとして、ここ麺屋史の味噌ラーメンが紹介されました。

お店に入ると4つほどあるテーブル席はいっぱいでしたが、空いているカウンターに座ることができました。味噌ラーメンは800円。オーダーすると10分ほどで到着です。

具は糸唐辛子の乗った鳥チャーシューを囲むように、ネギ、玉ねぎ、黒ゴマが確認できます。

海苔の上に乗っているのは、辛い肉そぼろです。

麺は太い縮れ麺。麺を持ち上げると、湯気に乗って熟成された味噌の芳香が鼻をくすぐります。後から豚骨のいい香りも入ってきて濃厚かつ、まろやかなスープといった印象です。

ある程度食べ進めたら、辛い肉そぼろをスープに溶かします。

濃厚な味噌スープにピリリとアクセントが効いて、スープの印象がガラッと変わりました。

スープに浸しておいた鳥チャーシューも、スープの旨味を吸って至極の逸品に変身していました。

せっかくの3年熟成黒味噌のスープです。最後までいただきました。この味噌ラーメンに限らず麺屋史のラーメンは、塩分量を抑えているので、スープまで飲み干せます。

熟成黒味噌の芳醇な香りが楽しめる麺屋史の味噌ラーメン。レギュラーメニュー表には掲載されていないので、いつまで提供されるか分かりません。

限定麺の情報は、ホームページ(http://touhoku.me/menyafumi/)を参照してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)