最後まで冷たいスープを楽しめました 麺屋 史の限定麺 煮干しの冷製

今日のランチは、麺屋 史へ。

今日のお目当ては、限定麺の「煮干しの冷製(700円)」です。

一見するとレギュラーメニューのラーメンのようですが、オクラや大根おろしが乗っているのが特徴。

そして、店主が「これを入れてください」と小皿に持ってきたのが、スープを凍らせた氷。丼の真ん中に乗せました。

冷たくて煮干しの効いたスープは、西馬音内蕎麦を思い出させます。チャーシューは、脂身がなく、冷たいスープとマッチしていました。具や麺を食べ終える頃には、氷が溶けていましたが、冷たさはキープ。

せっかくなので、スープも最後までいただきます。

氷のおかけで、最後まで冷たいスープを楽しめました。

限定麺なので、いつも出ているとは限りませんが、これから季節限定で準レギュラー化してほしい「煮干しの冷製」でした。

限定麺の情報は、ホームページをチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です