あっさりスルッといけます「一球」の油そば

台風21号が接近し、日中から風が強い秋田県湯沢市です。こちらへは夜中に最接近するようで心配です。

今日は秋田市で仕事があり、ランチは秋田市でとることに。同行者のSさんのオススメで秋田市手形にある「一球」へ。

煮干し中華と油そばで有名な人気店のようですが私は初訪問です。

お店に入ってすぐに食券を購入するスタイルです。今回は初めてということで、人気の「油そば 中(740円)」と「 追い飯(無料)」をチョイス。ニンニクを入れるかと聞かれましたが、午後の仕事のことも考えて今回は遠慮しました。

カウンター席が8席、4人程度が座れるテーブル席が1つのこじんまりとした店内。12時過ぎの訪問だったのですが、ちょうどカウンター席が空いて、幸運にもすぐに座ることができました。後から来たお客さんは15分ほど待って席につけていたので、私たちのタイミングが良かったようです。

オーダーを受けると店主らしき方が、麺を丁寧に手揉みして、茹でていきます。

茹で上がった麺は、あらかじめタレを入れた鍋でかき混ぜます。15分ほど待って「油そば」が到着です。

具は刻みねぎの上に乗った卵の黄身、それを囲むように角切りのメンマ、チャーシュー、ノリがトッピングされています。

取り敢えず混ぜ混ぜしてからいただきます。太い縮れ麺に濃い色のタレがしっかりからんでいます。見た目は濃そうな感じですが、塩分量は控えめであっさりした味わいです。

半分まで食べ進めて、カウンターに備え付けのラー油、酢、一味をかけて。ベースがあっさりしているので、調味料を加えるごとに味の変化が楽しめました。

麺を平らげて、丼の底にたっぷりのタレにからんだ具材を残し、追い飯を投入。

塩分量が控えめなので、追い飯もスルスルと胃袋に入っていきます。

追い飯のおかげで、タレまできっちり美味しくいただけました。

今回は初体験だったので、濃い味を想像し、麺量は中をチョイスしたのですが、麺量 大でも全然いけました。女性のお客さんも入っていて「油そば」をオーダーしていたので、女性にもオススメできるお店だと思います。次回はえびの油そばや煮干し中華も試してみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)