ガラケーからiPhoneにするならiPhone SEとApple Watchの組み合わせもオススメですよ

ブログの更新やウェブサイトの閲覧、SNSなどはiPad Air2、通話や家族とのメールのやり取りにはガラケーを使っていました。

しかし、長年使っていたガラケーのバイブレーションが不調になり、マナーモードにすると着信に気づかないことが多くなり不便を感じていました。そして、ついにスマフォデビューすることに。

家族全員がdocomoに囲われているので、キャリアはドコモのまま。iPadを使っているので iPhoneにすることは決めていましたが、iPhone Ⅹ、8、7どのiPhoneにするかは決めないまま、docomoショップへ。

ガラケーからの切り替えはiPhone SEに

悩んだ末に、iPhone SE32G スペースグレイにしました。

iPadを所有しているので、今まで通りブログの更新などはiPadで済むし、iPhone SEはコンパクトでガラケーから切り替えても違和感はありません。なんといっても端末の代金が安価。2年縛り契約で、端末代が月約2100円、これにサポート割りが約1800円付くので、負担は月約300円です。

Apple Watch Series 3も追加購入

ついでに購入したのが、Apple Watch Series 3(GPS+ CELLULAR) 。サイズは42mmのNIKEモデルです。

こちらも2年分割にしましたが、サポート割りはないので単純に、端末代金÷24回で月約2400円の負担です。せっかくセルラーモデルを購入したので、iPhoneが手元になくてもApple Watch単独で通話やデータ通信ができるワンナンバーサービスにも加入しました。ワンナンバーサービスは月500円の負担ですが、キャンペーン中で約半年間(180日間)は無料でした。

iPhone SEはApple Watchに対応してる?

Apple WatchはiPhoneを母艦にして使うので、iPhoneが必須です。Appleのウェブサイトでは、iPhone6以降が必要と記載されていますが、docomoショップの方に聞いたところiPhone SEでも大丈夫でした。

docomoのウェブサイトには、カッコ書きでちゃんと“iPhone SE含む”とありました。Appleのウェブサイトにもちゃんと記載してもらいたいものです。

iPhone SEの使用感

iPhone SEは何と言ってもサイズがコンパクト。ガラケーとほとんど同じサイズなので、ポケットに気軽に入れておけます。ガラケーより薄いので逆に存在感が無くて不安になるくらい。左が今まで使っていたガラケー、真ん中がiPhone SE、右がApple Watch Series 3です。

iPhone SEの用途は今までのガラケーと同じで、メールと通話がメイン。ウェブの閲覧などはiPad Air2を使うので、これでまったく不満はありません。

Apple Watch Series 3の使用感

Apple Watchは今のところ、カミさんとのメールのやり取りや通話がメインです。カミさんは iPhone7なので、メールよりもiMessageをメインに使うようになりました。メッセージ、メールの着信を音とバイブで知らせてくれるので、見逃しがなくなりました。メッセージ内容の確認がApple Watchでできるし、簡単な返信なら定型文や音声入力で可能なのでiPhoneをポケットから出さずに済みます。カミさんも私からの返信が早いのでご機嫌です(これが一番のメリットかも 笑)

まとめ

通話やメールのやり取りがメインなら、iPhone SEとApple Watchの組み合わせがおススメです。iPhone SE32Gが○円、Apple Watchが○円で合計○円とiPhone7○よりも安いので、キャリアに縛られないなら、IIJmioやワイモバイルなどに切り替えて月の負担を抑えるのもありだと思います。ただし、docomoなどのキャリアじゃないと、セルラーモデルのApple Watch単独で、通話やデータ通信はできないので注意。

ガラケーから切り替えるなら、iPhone SE + Apple Watchという選択肢もオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)