鰯の史の台湾風まぜそば

雪が降ってはとけるの繰り返しの湯沢市です。

今日のランチは「鰯の史」へ。湯沢市大町にあります。

湯沢市千石町にある「麺屋 史」から分家して、煮干しベースの麺を提供しているラーメン店です。

お店に入りすぐ食券を購入するスタイル。今日の目的は「台湾風まぜそば(780円)」です。この「台湾風まぜそば」が、鰯の史のオープンと同時に閉店した「やまがみ」のメニューに似ているとのことだったので、確かめにきたのです。

こちらの「台湾風まぜそば」は、海老か煮干しが選べます。せっかく鰯の史に来ているので、煮干しにしました。

こちらが鰯の史の「台湾風まぜそば(煮干し)」です。真ん中に台湾風の特徴であるピリ辛のそぼろ肉が載っています。その上には卵黄。取り囲むようにニラ、タマネギ、ネギ、ノリ、メンマがトッピングされ、煮干しの粉も確認できました。

こちらが、すでに閉店した「やまがみ」の「台湾風まぜそば」です。見た目や具の構成が似ています。

よく混ぜていただきます。そぼろ肉が結構辛くて刺激的です。煮干しもしっかり感じられます。

追い飯が付いてくるので、残った濃厚なスープにご飯を投入。セルフで用意されている揚げ玉も入れました。

ちょっと塩分量が多めの濃厚スープもご飯を入れることで最後まで楽しめました。

やはり、鰯の史は「やまがみ」の味も継承しているのかもしれません。事情をご存知の方がいらしたら教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です