カメムシが多いと大雪になる?

秋田県内もあられが降って来たりで、そろそろ雪の気配がしてきました。よく言われるのがカメムシが多いと大雪になるという都市(田舎?)伝説。

“カメムシ 積雪量”で検索すると岡山県で調査しているページがありました。http://www.hal.ne.jp/furusono/kame.htm

http://www.hal.ne.jp/furusono/kame.htm

http://www.hal.ne.jp/furusono/kame.htm

上のグラフを見ると当たっている年もあれば、そうでない年もあり強い相関性は見られないようです。

秋田県では平成25年にカメムシの大量発生の警報が出されていましたが、その年の積雪量は24年度と比べて多くなかったようです。

http://www.pref.akita.lg.jp/pages/archive/24270

http://www.pref.akita.lg.jp/pages/archive/24270

http://www.bousai-akita.jp/pages/index.html?article_id=122

http://www.bousai-akita.jp/pages/index.html?article_id=122

やはりカメムシ発生量と雪の量は関係ないみたいですね。

今年はカメムシは少ないように感じます。今シーズンは都市伝説が当たればいいですね。


Also published on Medium.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です