紅龍(横手市)の味噌麻婆ラーメン&麻婆ラーメン

今日は午前中、横手市増田町で仕事。よって、ランチは横手市増田町でとることにしました。

横手市増田町といえば、内蔵のある町並みが人気で、最近は、横手市増田まんが美術館のリニューアルオープンと横手市の中でもホットな地域です。

重厚な内蔵を楽しめる「増田の町並み」

漫画を浴びるように楽しめる「まんが美術館」がリニューアルオープン

今日は、この横手市増田町にある「紅龍」を訪問しました。場所はこちら。町並みがある通りから、ちょっと入った所です。駐車場はありませんが、近くに商工会の駐車場があります。

お店の外観は昔ながらの中華料理屋さんといった感じ。

暖簾をくぐると店内は、カウンター席5、6席。4人がけテーブルが2つ。どちらも赤を基調としていて、いかにも中華料理屋さんの雰囲気です。さらに奥には小上がりがあり、4人が座れるテーブルが5卓程度あり、結構なお客さんが入りそうです。

メニューは、麺類、ご飯類、スープ、一品料理と豊富。

今回は、お進めメニューNo.1の「味噌麻婆ラーメン(750円)」をオーダーしました。

5分ほどで到着。丼の中央には糸唐辛子、そして、麺が見えないほど、たっぷりのアンがかかっています。

麺を丼から引っ張り出すと、細い中華麺にタップリとアンがまとわりついてきます。

熱々の麺を口に入れると、麻婆アンのスパイシーな香りと味噌スープのコクがいつまでも口の中で後を引く美味しさ。

上に乗るアンだけに頼らず、ベースの味噌スープもしっかりと美味しく、手抜きのない味です。

挽肉にしっかりとニンニクの風味が移してあるので、食欲がますますそそられて、スープもどんどん口に運んでしまいます。さすが人気メニューの理由がわかります。

こちらは別の日にいただいた「麻婆ラーメン(700円)」。こちらもベースの醤油ラーメンがしっかり美味しいので、麻婆アンをかけて美味しさ倍増といった感じ。

味噌麻婆ラーメンと麻婆ラーメン。どっちも甲乙つけがたいのですが、女性の方には、ノーマルな麻婆ラーメンがオススメ。濃い味が好きでガッツリいきたい時には味噌麻婆ラーメンかな。

次回も、アンカケ系の広東麺やお店の名前を冠した紅龍ラーメンをいただいてみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)