麺屋 史の冷やしつけ中華がどこまでも爽やかでした

今日のランチは湯沢市千石町にある麺屋史へ。

トップページ|麺屋史~めんやふみ~

こちらはラーメンつけ麺などのレギュラーメニューに加え、期間限定の新メニューが楽しめるお店。

以前は煮干しを効かせたニボクロがあったのですが、久しぶりに訪れると、冷やしつけ中華(750円)がお目見えしていました。

さっそくオーダー。

 

スープはその名のとおり冷えひえで、味は酸味が効いた爽やかな味わい。黒胡麻がアクセントになっていました。

 

麺は細麺で225グラムだそうです。中華そばやラーメンが150グラムだったので、ちょっと多め。

上に氷やミニトマトが乗っていてどこまでも爽やかでした。

 

大盛りじゃないと物足りないぐらいスルスル入っていきます。

いつまで提供しているか分かりませんが、これから暑くなり食欲がないときでもペロッといけそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です