ニュー長寿軒の味噌ラーメンで身体がポカポカになりました

相変わらず雪が降り続いている湯沢市です。今回の荒天は雪よりも風が強いようで、外に出ると体感温度は低く感じられました。

温かいものを食べて、身体を暖めようと向かったのは、「ニュー長寿軒」。湯沢におけるラーメンの老舗「長寿軒」の分家的存在です。

お店の場所は湯沢駅通り商店街。

メニューは以下のとおり。本家にはない味噌やチャーシュー麺があります。今回は、味噌ラーメン(600円)の大盛り(150円)をオーダーしました。

スープの表面に油でフタがされて、湯気が立っていませんが熱々です。具は、ネギ、チャーシュー、メンマとシンプル。湯沢のラーメンの特徴である麩もトッピングされています。

箸で引き上げると湯気とともに麺が登場。麺は本家長寿軒と違い縮れ麺です。

動物系のただでさえコッテリなスープに味噌のコクが加わり、トロリと濃厚なスープに仕上がっています。そのスープをたっぷり吸った麩も極上の肉のような味わいに変化。

チャーシューは、3枚ほど丼の下の方に眠っています。このチャーシューも、スープをまとって絶品です。これといって特徴のないチャーシューですが、何故かニュー長寿軒のチャーシューが大好きです。

深めの丼いっぱいにスープが入ってくるので、スープは半分ほどいただくとお腹がいっぱいです。この頃になると、額にはジンワリと汗がにじみ、身体がポカポカしてきます。

寒くて身体を暖めたいときは、「ニュー長寿軒」のこってり濃厚ラーメンがおススメです。せっかくなので、本家にはない、味噌ラーメンやチャーシュー麺をオーダーしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です