焼肉ダイニング おいしんぼの絶品「ダブルカルビ定食」と「ホルモン」

一日中雨が降ったり止んだりの湯沢市です。今週はこの雨が雪に変わりそうな予報が出ています。

さて今日は仕事終了後に会合があり、終わったのが19時過ぎ。晩御飯は外食で済ますことにしました。向かったのが湯沢市清水町の「焼肉ダイニング おいしんぼ」

場所はこちら。湯沢インターを出て、国道398号線を横切りLAWSONから左に入るとあります。

ライトアップされた看板が目印。

木をふんだんに使ったアットホームな雰囲気の店構えです。

メニューはご覧のとおり、お肉からサラダ、スープ、定食、もちろんアルコールなどふんだんに用意されていました。

色々と目移りして迷った末に「ダブルカルビ定食(1674円)」をオーダー。通常のタレのほかに6種類のタレをセレクトできます。わたしは「辛いタレ」をチョイス。

10分ほどで到着しました。セット内容は、お肉のほかに、ライス、スープ、サラダ、キムチ。

別にお願いしたタレです。左が「辛いタレ」、右が同行者がチョイスした「ワサビしょうゆ」

こちらがメインのダブルカルビ。左がカルビ、右のスティック状にカットされているのが中落ちカルビです。

まずスタンダードなカルビから。

肉表面の色が変わったなと思ったところで、辛いタレをまとわせます。お肉は口に入れるとフワッとちょっと抵抗をみせつつ、すんなり歯が入る柔らかさ。脂がキツくなく肉の旨味が感じられました。タレに付いている辛い味噌?が結構刺激的で舌にビリビリくる辛さです。タレの塩分が高めで、肉の後にご飯を口に間髪入れずに投入すると、肉の脂と旨味、タレの塩分、ご飯の甘さが口中調味され絶品です。

こちらは中落ちカルビです。

中落ちカルビは通常のタレでいただきました。スタンダードなカルビより脂がのっています。このタレもいい塩梅でご飯が進みます。

肉とご飯を平らげたところで、追加オーダーした「ホルモン塩だれ(432円)」をいただきます。

牛のホルモンを塩だれとネギで揉みこんでいます。付属の粉唐辛子は焼いた後に付けていただくそうです。

ホルモンはさすがにしっかりと火を通します。

しっかり火が通り脂がしみ出て来た頃合いを見計らって網からあげます。味付けはあくまでもアッサリで、ほんのりと塩気が感じられる程度。ホルモンの臭みは全くなし。粉唐辛子の辛さはホルモンの脂が包み込んでくれてマイルドになります。唐辛子のいい香りがホルモンによく合います。

定食ではなく、単体でお肉を選んで「ライスセット(378円)」付ければ定食と同じ内容になります。メニューが豊富で毎日通いたくなるお店。クッパ、ビビンバだと600〜700円代なので気軽に入れるお店です。湯沢で焼肉をいただくなら「焼肉アリラン」と並んでこの「焼肉ダイニング おいしんぼ」もオススメのお店です。夜だけの営業なので注意です。


Also published on Medium.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です