「g.o.a.t」で気持ち良く入力するためにリュウドの折りたたみキーボードを買ってみた

kddiの新しいブログサービス「g.o.a.t」@kyotapyもベータ版に登録し、何本かブログを書いてみました。

ブログといってもメインのブログはあくまでもこちらなので 「g.o.a.t」の方は読書ノートなど文字メインのアーカイブ的なブログにしました。
iPadのブラウザ(Safari)+Applewirelessキーボードで入力してみましたが、文字入力や操作が心地よく、もっと書きたいという衝動にかられます。iPadとキーボードを持ち歩いて外出先でも気軽に更新したいので、折りたたみ式のキーボードを購入してみました。
購入したのはこちら↓

リュウド 折りたたみ式ワイヤレスキーボード iPhone5/iPad対応 iOS専用 Bluetooth HIDプロファイル マルチペアリング対応(4台) ブラック RBK-3200BTi リュウド 折りたたみ式ワイヤレスキーボード iPhone5/iPad対応 iOS専用 Bluetooth HIDプロファイル マルチペアリング対応(4台) ブラック RBK-3200BTi

リュウド 2012-10-12
売り上げランキング : 1568

Amazonで詳しく見る by G-Tools



リュウドのRBK-3200BTiです。
他の折りたたみ式キーボードと比べると価格は6000円を超えるのでちょっと高めですが、iOS専用のキーボード配置なのと折りたたんだ時のコンパクトさに魅かれてチョイスしました。

家で使っているAppleのワイヤレスキーボードと並べてみました。ファンクションキーが無い分、縦幅は当然リュウドの方がコンパクトですが、横幅は遜色ありません。

 

 

持ち歩くときは二つにたたんで、専用のケースに入れます。ケースはスウェードっぽい材質で高級感があります。

 

ペアリングにはPIN入力が不要で、一旦登録すれば、次回からはキーボードを開く、たたむで電源がオンオフされ、iPadと接続されるので楽ちん。

キーを打ち込んだ時の剛性感はAppleのキーボードにはかないません。ここは折りたたみキーボードの宿命でしょうか。でもキーピッチは18mmとフルサイズキーボードと遜色ないのでキー配置に慣れればスムーズに入力できます。

このキーボードで読書ノートを一本書いてみました。

 

コンパクトに持ち運べるので、出かけるときにバッグに常備してます。子供達と図書館にフラっと寄って、子供達が読書している時間に読書ノートを書き上げるなんてことも気軽にできそうです。
これからどんどんアウトプットに精を出したい@kyotapyです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です