カービングスキーって楽しい

子供達のスキースクールも今日で4回目。急な斜面でもスピードをコントロールして滑られるようになってきたようです

@kyotapyも子供達が習っている間は、便乗してスキーを楽しんでいます。去年、子供達がスキースクールに入ったのを機に20年ぶりにスキーを再開したのですが、道具の進化に驚きました。

カービングスキー

一番はカービングスキーです。幅が広く中心部分が絞り込まれているこのスキーに乗った時は驚きました。とにかく、滑るのが楽。ターンが楽。身体を傾けるだけで勝手にターンしていってくれます。@kyotapyは先端がちょっと反っているロッカータイプに乗っているので、さらにスキーが短く感じ、楽に感じるのだと思います。

うまく説明できないのですが、ターンのきっかけがつかみやすく、スキーがコントロールしやすいのです。

カービングスキーの荷重かけ方

“カービングスキー 滑り方”で検索してみると、昔のスキーのセオリーが通じなくなってきているようです。@kyotapyもそうだったのですが、荷重は親指の付け根を意識して…と教わったのですが、カービングスキーだとカカト荷重が滑りやすいそうです。

今年からカカト荷重を意識したらスキーがもっとスムーズに動くようになりました。特に先端が反っているロッカータイプの場合は、先端に荷重がかかりにくいようです。

ブランクがあっても大丈夫

20年のブランクがあった@kyotapyでも、カービングスキーのおかげで、すぐに勘を取り戻せました。

しばらくスキーをしていない方でも、今は楽に楽しく滑られますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です