BIGLOBEからソフトバンク光に乗り換えて引き続きIPv6で接続

携帯のキャリアをdocomoからソフトバンクへ乗り換えたため、家の光回線もBIGLOBEからソフトバンク光にすることに。光回線を引き、プロバイダをBIGLOBEにした際に、通信をIPv6化してとても快適でした。

BIGLOBEコラボ光でIPv6接続したら快適になりました

ソフトバンク光でも引き続きIPv6接続に切り替えたので忘備録として。

Wi-FiルーターはIO-DATAのWN-AX1167GRから光BBユニットへ

これまではBIGLOBEのIPv6オプションに対応しているWi-FiルーターであるIO-DATAのWN-AX1167GRを使っていましたが、ソフトバンク光では、光BBユニットをレンタルすれば、特に設定不要でIPv6を使えます。有線だけでなくWi-Fiを使いたい場合、Wi-Fiマルチパックの契約も必要です。画像はソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッド説明ページ(https://www.softbank.jp/ybb/hikari/ipv6/)から。

IPv6接続の申し込み

ソフトバンク光の利用開始日にこれまで使っていたWi-Fiルーターを光BBユニットに置き換えすると、インターネットはあっさり開通しました。

IPv6申し込みページ(https://ybb.softbank.jp/member/yf/ipv6/)からIPv6の申し込みを行います。

申し込み日の次の日にはIPv6切り替え完了のお知らせが届きました。

IP6接続の確認

切り替えが完了したら、IPv6で通信がちゃんとできているかを確認。ソフトバンク光の確認ページ(https://ybb.softbank.jp/member/yf/ipv6-4judge.html)にアクセスすると、無事にIPv6で通信されていました。

BIGLOBEでもIPv6を使っていましたし、ソフトバンク光に乗り換えてからも、すぐにIPv6化したので効果のほどは確認できませんが、夜の込み合う時間帯には効果を発揮してくれると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)