150種類のスイーツを存分に楽しんだ「スイーツマラソン」(秋田初開催)

気温が30度まで上がった秋田県湯沢市。今日は申し込んでいたスイーツマラソンに参加してきました。

スイーツマラソンは、給水所ならぬ「給スイーツ所」提供されるスイーツを楽しみながら走ることができるスポーツイベント。

会場は秋田県立中央公園 陸上競技場です。

私は子供達とスイーツマラソン親子の部に参加です。親子の部の受付は10時からだったため、10時前ごろに会場に到着。今日は、公園内のスカイドームやテニスコートでも大会があり車を駐車するのに苦労しました。

陸上競技場に向かうと先にスタートしたリレーマラソンのランナーの皆さんが外周コースに出て来たところでした。

リレーマラソンは42.195kmの距離をリレー形式で走るもの。こちらは順位により表彰があるので真剣です。

受付を済ませて可愛らしいピンクのゼッケンを受け取ります。

トラックではリレーマラソンのランナーが一生懸命走っています。

タスキの受け渡し場では自分のチームの応援に熱が入っていました。

スイーツマラソン親子の部のスタートは11時20分から。秋田のご当地アイドルpramo(プラモ)のメンバーがスターターを務めます。

スイーツマラソンのコースはスタートしてすぐに外周コースに出ます。子供は4歳以上から参加できるので、小さな子供のペースに合わせてゆっくり走る親子連れも。

コースは1周1.5kmのコースを1周、制限時間40分で走ります。コースの中間地点にお待ちかねの「給スイーツ」が設置されていました。

給スイーツ所にはケーキ、チョコ、クッキーなどの150種類のスイーツが所せましと並べられています。

こんなに大量の芋けんぴは見たことありません(笑

みたらし団子やチートスなどのしょっぱいお菓子がいい口休めになりました。

スイーツを思う存分堪能して、コースに戻り、陸上競技場のトラックに入ります。

制限時間40分のところ、30分ほどでゴール。

ゴールした後もpramoの皆さんによるお楽しみ抽選会などがあり盛りだくさんのスイーツマラソンでした。

欲を言えば給スイーツ所を複数箇所おいて欲しかったのとスイーツにフルーツがあればと思いました。次回も開催されると思うので、さらにグレードアップしたスイーツマラソンが開催されると期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)