サッパリと…でもスタミナをつけたいときは、将の「焼肉冷やし中華」

まとまった雨が降った湯沢市です。

今日のランチは、将へ。

将といえば、熱々でボリュームたっぷりの味噌ラーメン…といきたいところでしたが@kyotapyは、このごろのムシムシした気候に、食欲が減退気味。そこで、冷やし中華をオーダー。「焼肉冷やし中華(850円)」をチョイスしてみました。

こちらが、焼肉冷やし中華。その名のとおり、焼肉がトッピングされています。そのほか、メンマ、卵焼きが確認できます。

反対側から。こちらは、オレンジ、キュウリ、スイカ、トマトなどのサッパリ部門です。

まず驚いたのが卵焼き。冷やし中華といえば、薄焼き卵を細く切った錦糸卵が定番ですが、分厚くて、しっかりと中身が詰まった厚焼き卵がトッピングされていました。味は、ほんのり甘口。

焼肉は、豚肉を塩コショウで薄く下味をつけ、焦げ目を付けて焼いたもの。酸味の効いたスープにくぐらせて食べると、脂が落ちてサッパリといただけました。

麺は味噌ラーメンなどに使っている麺と同じもの。水でしめているので、しっかりとしたコシがありました。

さすが将の冷やし中華。具のボリュームがあり、食べ応えがありながら、サッパリいただける、これからの季節にはぴったりの逸品でした。

もちろん、焼肉が乗っていないノーマルな「冷やし中華(700円)」もあります。食欲がなくサッパリしたものを食べたい…でもスタミナも付けたい、なんていう時は、将の冷やし中華がオススメです。


Also published on Medium.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です