2018年七夕絵どうろうまつりの初日はあいにくの雨でした

今日は一日雨が降ったり止んだりの秋田県湯沢市です。

今日8月5日(日)から7日(火)まで開催される「七夕絵どうろうまつり」

七夕絵どうろうまつり2018

早速、お祭りの初日に行ってみました。今日は11時ごろから土砂降りの雨が降り、大雨洪水警報が発表されるあいにくの天気。18時ごろに雨の弱くなった頃を見はからって会場に着くと、さすがにこの雨でお客さんはまばら。

絵どうろうも雨を避けてアーケードの中に避難していました。

ジークブルガー通りの超大型絵どうろうは、雨の中でも展示されていました。道路幅はあろうかという大型の絵どうろうは迫力満点。

お祭りに訪れたお客さんの記念写真スポットになっていました。

夜もふけてくると、他の絵どうろうも通りに展示されて、会場は幻想的な雰囲気に包まれます。

「佐竹南家・京都奥様の七夕御観覧」と称して地元の高校生が京からの姫君に扮して輿に乗り、祭りを一層艶やかにしていました。

「七夕絵どうろうまつり」は、佐竹南家に京から来られた姫君が、京への想いを短冊に託して飾ったことが由来とされています。夏祭りというと激しく活気あふれるものが多いのですが、この七夕絵どうろうまつりは、艶やかで幻想的な静の夏祭りです。是非、美人画が描かれた絵どうろうに彩られた幻想的なお祭りを楽しみにいらしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)