2018年湯沢七夕絵どうろうまつりが終わりました

昼過ぎからジリジリと暑くなってきた秋田県湯沢市です。ここ2、3日は涼しかったのですが、明日からまた30度超えのようです。

8月5日(日)から開催されている「七夕絵どうろうまつり」は今日が最終日。

七夕絵どうろうまつり2018

会場に着くと、ちょうど「七夕ナイト」が始まっていました。「七夕ナイト」はアーケードの明かりを消して、絵どうろうを楽しむもの。

商店街の明かりが消されると、この祭りの主役である絵どうろうが、会場の中で浮かび上がり、さらに際立っていました。

大町商店街を山形方向に歩くと「お茶の富谷さん」で抹茶ソフトを販売していました。

抹茶ソフトは250円。ビターな抹茶が効いていてアッサリといただけました。

店内にはちょっと休めるスペースが設けられていて、疲れた脚を休め抹茶ソフトを楽しみました。抹茶絵ソフト祭り期間中だけでなく、普段から販売しているそうです。

今年の七夕絵どうろうまつりは、初日から雨にたたられましたが、主役である絵どうろうがとても綺麗でじっくり楽しむことができました。

今日8月7日は暦の上では立秋。朝晩は少し肌寒くなってきました。日中の暑さはもう少し続くようなので、短い夏を楽しもうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)