新@kyotapyな日々

思いついたら書く… wordpress,iPad,美味しいもの,観光

ブログの下書きにUlysses for iOS(iPad)を使い始めました

      2017/06/17

ブログの投稿にはiPadを使っています。長い間使っていたのは、BlogsyというiPadアプリ。
でも、すでに開発が打ち切られ、iPad Air2に機種変した時に、アプリを復元しようとすると消えてしまいました。そこで使い始めたのが、blogoというアプリ。

blogoは、機能としては満足できるのですが、書いているとスクロールできなくなったり、時々挙動が怪しくなります。

そこで、見つけたのがUlyssesというエディタ。

元々は、テキストエディタとして開発されたようなのですが、ブログ1への投稿機能も追加されて、ブログエディタとしても使えるようになりました。

Markdownで文章の装飾が楽になりました

Ulyssesは、見出しなどの書式の設定にMarkdwonという記述法を使います。HTMLだとタグ("<>")で文章の前後を囲む必要がありますが、Markdownは文の始めに記号をつけるだけ。

例えばよく使う"見出し"なら、"#"を頭に付けると見出しになります。

見出し1

見出し2

見出し3

リストも以下のように先頭に"1."や"-"を付けるだけ。

  1. リスト
  2. リスト
  3. リスト
  • リスト
  • リスト

HTMLは見出しだとタグ("<h1>")で文字の前後を囲む必要があるのですが、先頭に記号を付けるだけなので、サクサク作業が進みます。Markdownはこのエディタで初めて使ったのですが、私は一度で全てを覚えようとせず、使いたいものがあれば、調べて使うことにしています。

http://www.markdown.jp/what-is-markdown/

HTMLタグを挿入したい時は

このブログでは、リンク先を紹介するときに、HTML(iFrameタグ)のブログカードを使っています。

HTMLタグをそのまま書くと、通常の文字列にされてしまいます。

HTMLタグを書いたら、タグの先頭に半角の"〜"を入れるとHTMLタグとして認識してくれます。

 

豊富な書き出し形式に対応

書き出しは、テキスト、HTML、電子書式のePub、WordのDOCX、ブログへの投稿にに対応しています。

Wordのドキュメントで書き出せるので、Wordを仕事で使う方は、打ち合わせ・会議メモにも使っています。

エディタを自分好みにカスタマイズできます

エディタ画面は、フォント、レイアウト、テーマを好みに変えられることに加え、TextExpanderでさらに入力を省力化できます。

ちなみにテーマは、ここからテーマファイルをダウンロードし、Ulyssesで開くと新しいテーマを追加できます。

私は、テーマとTextExpanderしか設定していませんが、ここまで設定できれば、エディタにこだわりのある方でも満足できるのでは。

ハードウェアキーボードとの組み合わせで作業がはかどります

ショートカットキーも豊富に用意されています。Apple Wireless Keyboardとの組み合わせで作業がはかどります。"command"を長押しすると、使用できるショートカットキーが確認できます。

キーボードショートカットで困っていること

見出しのレベルを上げたり下げたりするショートカットに"command+\(バックスラッシュ)"が割り当てられているのですが、Apple Wireless KeyboardのJIS配列のキーボードでは、”optoin+¥”を押さないとバックスラッシュを打てません。

ショートカットキーの割り当てを変えられれば、問題は解決するかもしれません。

US配列のキーボードだと使えるのか、何か設定方法があるのか、お分かりの方教えてください。

ちなみに、REUDOの折りたたみ式ワイヤレスキーボードは、\"バックスラッシュ"が右上に割り当てられているので問題なく使えています。

投稿先のブログを登録するには

投稿先となるブログを登録する方法です。まずは、右上の書き出しメニューをタップ

中央に表示されているのが、現在の書き出し先です。ここをタップして、”投稿中2”を選択。

”アカウントを追加”をタップし、追加したブログサービスを選択します。

ブログサービスのURL、ユーザ名、パスワードを入力すると、投稿したいブログを登録できます。

ブログへ投稿する時は

文章を書き終わり、ブログへ投稿したい時は、右上の書き出しメニューをタップ

するとプレビューが表示されます。中央に投稿先のブログサービスの名前が表示されいることを確認したら、右上のメニューをタップ

タイトル、カテゴリ、タグ、アイキャッチなどWordPressで指定できる投稿オプションは、全てここで設定することができます。

アクションで”エディタを開く”を指定すると、WordPressに記事を投稿後、Safariが立ち上がり、WordPressのエディタ画面が開きます。

私は、Ulyssesでは下書きで投稿し、エディタ画面で見た目を微調整したら、公開しています。

もう文章を書くエディタはこれでいいかも

多機能すぎて、使いこなせていないのが現状ですが、文章を書くエディタはこれで全て事足りると思います。

iPad版だと3000円と結構な価格ですが、購入して損はないと思います。

Ulyssesで書くことが楽しくなり、快適なブログライフが送れそうです。

  1. 2017年6月時点では、MediumとWordPress
  2. たぶんPostingをそのまま和訳して”投稿中”にしたんだと思います(笑

Also published on Medium.

 - iPad, wordpress, アプリ , , , , , ,