WordPressのテーマstinger5のカスタマイズその5(wovn.ioで多言語化)

1行コードを追加するだけでサイトを多言語化できるというwovn.ioというサービスを試してみました。

Wovn.io | Localize your website.

まずは、上記サイトでメールアドレスとパスワードを設定し、ユーザー登録。

登録すると、管理画面中央に追加するコードが表示されます。

これをコピーし、stinger5(親テーマ)のheader.phpのヘッドタグ内に追加します。
サイト側の設定はこれだけ。簡単です。

wovn.ioで「+NEWPAGE」ボタンを押して、翻訳させたいページのURLを入力し、「Begin!」ボタンを押します。

「New Language」に翻訳語の言語を指定します。アラビア語からタイ語まで23の言語を指定できます。
とりあえず今回は英語を指定。
翻訳方法は、「ProTranslate」は翻訳家による翻訳(有料)、「MachineTranslate」は自動翻訳(無料)から選択できます。

自動翻訳でも翻訳結果を自分で変更できます。
「Public & Save」ボタンで翻訳結果を保存すると公開されます。

トップページを表示させてみると、右下に言語切り替えウィジットが表示されています。

英語に切り替えると、先ほどの翻訳結果が反映されました。
翻訳結果が正しいかは分かりません(汗

カテゴリ選択もしっかり翻訳されています。

しかし、「NEW POST」の過去記事を表示させてみると、見出ししか翻訳されていません。

過去記事については、URLを一つ一つ指定しないといけないみたいです。
ここで@kyotapyがつまづいた点が一つ。

WordPressのパーマリンク設定がデフォルトのままでは、wovn.ioで登録できませんでした。

WordPressの設定画面で、パーマリンクの設定を「投稿名」に指定。

個別の投稿記事を無事に登録できました。

先ほどと同じように翻訳言語を指定して、翻訳結果を登録すると、ちゃんと翻訳結果が表示されていました。
繰り返しますが翻訳が正しいかは分かりません(汗

個別の投稿記事を一つ一つ登録する必要がありますが、言語の切り替えがスムーズですし十分使えると思います。
Google翻訳などもありますが、サイト内で言語を切り替えられるのがいいですね。
秋田の観光地へお出かけした時の投稿を翻訳すると、少しは世界に秋田をPRできるかもしれません。

WordPressのテーマstinger5のカスタマイズその5(wovn.ioで多言語化)” に対して1件のコメントがあります。

  1. Johnk532 より:

    I think this is one of the most significant information for me. And i’m glad reading your article. But should remark on some general things, The web site style is wonderful, the articles is really excellent D. Good job, cheers bfcgbaaaedgc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です