西馬音内そばの老舗 弥助そば湯沢店の鴨南そば

今日のランチは弥助そば湯沢店へ。

羽後町にある西馬音内そばの老舗「弥助そば」の湯沢店です。

羽後町にある本店は、文政元年(1818年)創業なので約200年の歴史があるということ。

西馬音内そばの特徴は、布海苔を混ぜ込んだ独特のコシの蕎麦とそれにかける冷たいツユ。羽後町では、この弥助そばをはじめとして、西馬音内そばの名店が点在しています。

昨年オープンした「道の駅うご」でも、食することができます。

さて、今回は「鴨南そば(1100円)」をオーダー。こちらは温かいツユがデフォルトのメニューです。

スライスされた鴨肉と大きめにカットされたネギが乗っていました。

刻みネギと七味をたっぷりかけて。

鴨肉はプリッとした歯ごたえ。鴨の脂がツユにコクを与えていて、脂のいい香りが鼻をくすぐります。蕎麦は、温かい鴨の旨味が染み出したツユをたっぷり吸っていました。蕎麦には一部、西馬音内産のそば粉を使用しているそうです。

西馬音内そばは、冷たいツユがデフォルトですが、これから寒くなるので、温かい鴨南そばもオススメですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です